TOP

私が良く行く床屋のおっちゃんは風俗の話しかしないんですよ。

アイマスクで視界をふさがれ

逆夜這いを売りにしているデリヘルを遊んでみました。逆夜這いとはアイマスクをして寝ている男性に、女性がエッチなサービスをしてくれるお店です。女性を責めるより女性に責められるほうが好きな自分としてはこういうお店で是非遊んでみたいと思っていました。休みの日に時間がとれたので逆夜這いデリヘルで遊んでみることにしました。ホテルで待っていると10分くらいで女性が到着します。普通のデリヘルならここで対面しますが、逆夜這いのデリヘルは違います。対面することなくアイマスクのみを受け取ります。アイマスクを受け取ったら、そのまま裸の状態でベッドに横になります。アイマスクによって視界がふさがれている世界は音に敏感になります。女性の息遣いや服を脱ぐときの擦れる音が聞こえてきて、興奮を高めてくれます。女性の準備が整い、プレイが開始されるときには興奮が限界に近づいていて、あっという間にフィニッシュを迎えてしまいました。それでも女性の責めは止まりません。逆夜這いはこれからなんです。

早朝デリヘルプレイ

早朝デリヘルです!いつもデリヘルは仕事終わりに利用しているし、たいていの方がそういうものでしょう。しかし、最近僕は早朝デリヘルにハマっています。すなわち、仕事前にデリヘルで一発抜くというものです。仕事前にやると、その日の仕事が捗るんですよね〜。時間的に、利用できるデリヘル嬢が限られてくるので、いまではすっかり地元デリヘルのNちゃんの常連客となっています。「おはよ、タイガー(僕の仮名)さん♪」と、おはようのキスをしてくるのがたまらない!向こうは新婚の人妻だから新婚夫婦プレイみたいなことができます。僕はまだ未婚ですけどね・・・。新婚プレイで欠かせないのが、裸エプロンです。裸エプロンをつけた状態でやるエッチがたまらーん!僕の家政婦になって毎朝ご飯とか作ってくれたらいいのになー。濃厚なフェラとキスがエッチの大半となっています。エッチが終わると、スーツに着替えて出勤!途中まで手をつないで、最後は「いってらっしゃーい」と迎えられます。

嫌がる女VS欲しがる男。

俺は正直女の子とプレイできたらいいなぁって思って交際クラブを使っています。先日もそういった遊びがしたくてデートをセッティングしてもらったのですが、かなりわがままな女の子でした。こちらが「手を繋いでいい?」と聞くと「嫌だ」と速攻で拒否。「(なんだこいつ)」と思いながらも、「(いや、ここは冷静に行動して、チャンスを逃さないようにしなくては)」と考えた俺。「なんで?やっぱり俺と手をつなぐのは気持ち悪い?」と聞くと「うん・・・」と彼女。「(おいおい、こいつまじかよ)」と引きながらも「そっか」と笑顔で対応しました。その後は、終始気まずい雰囲気のまま食事。終了した後、完全に無理だと思いましたが、「ホテルでも行かない?」と誘ったら「無理」と彼女。結局全て拒否されたデートでしたね。そんなに嫌なら来なければいいのにと思いましたよ。これはMにとっては嬉しいプレイなのかもしれませんが、一般ピーポーな僕には早すぎました。次は他の子と会いたいと思います。